続・秋のベランダ2005年11月15日 23時28分25秒

2台の生ゴミ処理機からあふれそうになっていた土を、新しい生ゴミ処理機に移しました。
ローテーションで生ゴミを投入していけば、中3日の登板ということですから、きっといい仕事をしてくれるハズです。

さて、ビックリしたこと。

ここのところ土が増えちゃって、生ゴミ処理機の下半分は撹拌できていませんでした。
上半分を移したために、下半分の土が久しぶりに出てきたのです。
それはそれは美しい土でした。

しっとりと適度な湿り気があり、空気を含んでふわふわです。
生ゴミのかけらも見あたらない、輝くばかりの黒い土でした。

微生物は、かき混ぜられなくても文句も言わず、ひたすら分解を続けていたのですね。
ほんとにきれいな土です。
こんな土を今までにみたことがあったでしょうか・・。
あったかも知れないけど・・。。
でも、ほんとうに完璧にきれいな土です。

ああ、埋まってみたい・・・。

7年くらい脱皮しながら埋まっていると、飛べるようになるはず・・・。