キャンプシュワブの状況2006年09月15日 11時17分59秒

昨日、キャンプシュワブ(辺野古)内の埋蔵文化財調査が行われる予定でしたが、市民の抗議で中止になりました。

キャンプシュワブは、遺跡がある場所なのだそうです。

海にはジュゴン、陸には遺跡、となると基地建設にはますます向かない土地だということですね。

たとえば京都や奈良で、平安朝や飛鳥時代の遺跡の上に、どどーんと米軍基地を建設してしまおう、古墳もこの際つぶして滑走路にしたら平たくなって気持ちがいいよね、とは思わないはずですから。

辺野古に限らず、基地や原発の予定地では、市民に理解を得るための説明会を行います。
理解を得るために始まったはずのものが、今では「説明会したからもういいじゃん」ということに意味がずれています。
この意味のずれは、非常に悲しいです。

今回の遺跡調査も同じです。
遺跡があったら保護しよう、だから調査しよう、ということで始まったことだと思いますが、今では「調査したからもういいじゃん」という意味に変わっていると考えた方がいいと思います。

昨日(14日)に送られてきた平良夏芽さんのメールをそのまま載せます。


【転載歓迎】
平良です。
 本日午後5時半から、名護市教育委員会とヘリ基地反対協・平和市民連絡会の協議
が行われました。こちらとしては、せめて公開された調査ができるように施設局に談
判するので、それまで数日間、行動を待ってくれと要請したそうです。委員の何名か
がこれに賛同したようですが、教育長は「明日、調査を行う」と協議を打ち切り、立
ち去りぎわに、施設局から「なんで強行しなかった」とかなり強く責められたと愚
痴ったそうです。新聞記者からの情報でも、施設局は明日は今日より強行に出てくる
とのことです。
 明日もシュワブゲート前で阻止行動が必要になりました。集まれる方は集まって下
さい。8時集合です。
 要求は、調査の中止ではなく、きちんとした調査ができるようにしよう!というこ
とです。
***********************************************************
   平良 夏芽(タイラナツメ) 


で、本日(15日)はこんな状態になっているようです。


キャンプシュワブ前に、警察車両が集まってきました。
強行が予想されます。


キャンプシュワブ前
機動隊に囲まれ、ごぼう抜きされそうな状況です。
現場、大変緊迫しています。


機動隊が出てくる遺跡調査って、何ーーーー?


追加でございます。

遺跡調査の教育委員会は「逮捕者やけが人が出るような状況では調査しない」と、ひきあげてくださったそうです。
(機動隊のごぼう抜きで、すり傷、打ち身、打撲などはあったそうですが・・・)

そのあと、防衛施設局の車がキャンプシュワブの中に入ろうとするのを、しばらくは身体で止めたそうですが、結局3台が基地内に入ったそうです。

沖縄タイムスの記事です。
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200609151700_02.html

webには写真が出ていませんが、新聞には大勢の警官にのしかかられながら、少しでも前に這い出ようとする男性の写真が。
「うわっ! 夏芽さん!」

と、とにかく、逮捕とか大怪我とかがなくてよかったです~。

生まれ変わるなら2006年09月15日 23時20分36秒

アコウの実

アコウの実です。
枝に直にくっついています。
ここまでたくさん実をつけなくてもいいと思うけど、限度を知らないやつなので。
実が生えてくるとき、かゆそう・・・。




次に生まれかわるときは、木がいいな。
草でもいいです。
すっごく面白そうだから。

草の主張にはメリハリがある。
一ヶ所空き地があれば、何種類もの草が季節に応じて花を咲かせ、次の草にバトンタッチしている。
高度かつ平和な外交をしていると思われる。
実にうらやましいです。