元トウモロコシ2006年09月22日 23時53分35秒

ユウナの花と実

あちこちのブログで芙蓉の花がきれいです。
ま、負けるもんか~と、不要なライバル意識バリバリで、
フヨウ一族の沖縄県代表、オオハマボウ(ユウナ)に登場してもらいました。
実がたくさんついています。触ると固いです。


ワタシには分別がないので、せいぜいゴミの分別ぐらいはしないとね、と常々思っております。
透明セロファンで窓がついた封筒は、セロファン部分をびりびりとむしり取って燃えるゴミ(ここではプラは燃えるゴミ)、それ以外は紙ゴミです。

ドコモから、窓つき封筒が来ました。
びりびりしようと思ったら、封筒に、「トウモロコシが原料で土に還る」と書いてありました。

おおっ! エコではありませんか!
でも、ほんとに土に還るのかー?(思慮は浅いが、疑い深い)
さっそく試してみましょう。
ベランダの生ゴミ処理機(ただの植木鉢)に生ゴミと一緒に投入、マゼマゼしました。
いつ土に還るのか、楽しみです。

マゼマゼしていると、混入していたプラごみが出てくるときがあります。
たとえば、納豆についている「納豆のたれ」を使ったとき、切ったところが小さな三角形になって本体から離れてしまう・・・それが生ゴミに混ざって、生ゴミ処理機に行く・・・しかし分解しないので、新品同様で土の中から顔を出すのです。

ドコモの封筒の窓ですが、まさか「100年で土に還ります」とかではないよね・・・。
もしかすると、そこまでは見届けられないかもしれない・・・。