映画「日本の青空」2007年10月22日 23時45分20秒

生ゴミ処理機とニャオス

生ゴミ処理機のすき間に入り込むのがお気に入りのニャオス。

日に日に悪猫になっていくので困っているのだが、猫飼い友達が言うには「え~っ! 爪とぎで爪をとぐの? すごいよ! ニャオスはすごいおりこうさんだよ!!!」とのことです。・・・そうなの?




「日本の青空」を見てきました。
パレット市民劇場で、一日だけ上映していました。

会場を見回すと、ほとんどが私よりお兄さんお姉さんです。
こういう年齢の人たちと見る映画は、それだけで楽しい。
なぜなら、きちんと反応しながら映画をご覧になるからです。


買ってきた新聞を広げて、発表された憲法条文を読む鈴木安蔵ご夫婦。
戦争放棄や、男女同権、普通選挙のことなどを、喜び合う2人。

スクリーンの中のご夫婦は、髪もきれいに整えて、きちんと着物を着ています。
(これはちょっときれいすぎるな・・・といらないツッコミをするワタシ)

会場から、安堵のため息があちこちから聞こえてきました。
「ああ、よかったよかった・・・」と、皆さん心底共感しておられるのです。

そんな会場の皆さんに対して涙が出ました。
沖縄では、その頃、米軍のやりたい放題に苦しんでいたはずです。
平和憲法はただあこがれるだけの遠い存在で、軍政下の生活を強いられていたのです。

でも、皆さんは純粋に映画を楽しみ、もし一人が立ち上がって拍手したら、会場中がスタンディングオベーションになること間違いなかったでしょう。
そのぐらい、大喜びされているのです。

映画の時代から四半世紀後、やっと沖縄の人たちも平和憲法の青空を見上げることができ・・・・あ、あれ?
ステルス飛んだりしてますけど何か。
オスプレイ来そうですけど何か。


映画のラストシーン、お花の種を入れた小袋をぶら下げた風船を、一気に空に放流してめでたしめでたしなんですが、ゴミ拾いのワタシとしては「やめれーーーーー!!!!」と叫びたかったです。
あのラストは完全にいただけなかったなあ・・・・。

映画の内容が全部、余計な風船飛ばしのシーンと共に飛んでいってしまいました。。。。

コメント

_ KIRICKLAND ― 2007年10月23日 07時16分47秒

新参者のKIRICKLANDでした。なにを今更?それとも頭が高い?

「地下足袋『バルタンX』に奔走」という記事がありました。
『 』内、岡山県倉敷市にある「岡本製甲」の跡取り息子が開発した足袋型トレーニングシューズです。
えっ?ばるタンさん専用の、特大弁当箱の名前でしたか。超特大?

_ 桃太郎 ― 2007年10月23日 09時02分52秒

目に見えるようです(笑)
それが海に落ちると想像しただけで頭まっしろになりますね。
最後のインパクトって強いですからね。

うちの娘の「涙がひっこみました」という言葉を
思い出しました。
卒業式での一こまでしたが、感動して泣きそうになったのに
最後の卒業生を送る言葉に、ん?と思った瞬間の言葉でした。

_ わんこ ― 2007年10月23日 09時50分40秒

最近うちの店ではやりつつあるネタ。        「地球にやさしくして〜くわっっ!」と、ボクの真似を上司がやります。   そう、ボクはお局さん。上司よりも質がわるい(爆)  「あいつに怒られるっ」というきっかけでもいーと思って。資源をたいせつにしてくれるなら〜。るるる〜ボクは地球にやさしいお局さーん〜。

_ ばるタン ― 2007年10月23日 23時09分15秒

>KIRICKLANDさん

地下足袋の二つに別れたシルエットが、バルタン星人に似ているというわけですね^^;;;
跡取り息子さんのお年がなんとなくわかるような気がしますが^^;
地下足袋を履いたことがないので、機会があればぜひ一度履いてみたいと思いました。

私のお弁当箱はちっちゃいんですけど、お弁当のあとにおやつをたくさん食べてしまうので、大きいお弁当箱にした方がいいような気がしています。



>桃太郎さん

まさしく、涙と感動がひっこんだ瞬間でしたよ。
環境に配慮した風船だから大丈夫、というふれこみのものもありますが、全然信用できないです~。
9条も大事だけど、ウミガメも大事ですからね。
どうして映画のスタッフの誰かが、ダメだししなかったんだろう・・・。
ただの娯楽映画ではないだけに、ショックが大きかったです。



>わんこさん

地球にやさしく、犬にやさしく、猫にやさしく、そしてゴミの分別はきびしく!ビシバシ!で行きましょう~^^

_ みんと ― 2007年10月24日 18時06分45秒

うん。とくに若造ネコは、ツメトギでツメをとがずに、
カベとかドアとか柱とか、およそ変なところで研ぐのであります。

業務連絡。ハンカチ20枚本日メール便にて送りました。土曜ぐらい着?

_ ばるタン ― 2007年10月24日 19時00分05秒

>みんとさん

昔、ウチで猫を飼っていたのだけど、当時は爪とぎなんか市販されていなかった。で、居間と台所のしきりのガラス戸枠で爪をといでいた。木の枠のガラス戸というのが昭和だわ。

_ BIN★ ― 2007年10月26日 10時48分49秒

風船飛ばしに反応。8月に大津からずいぶん風船をとばしました。8月6日の慰霊祭で・・・・ぜんぜん、意識していませんでした。8月末ぐらいに沖縄に到着した風船があれば、ウチのかも。
http://nostalghia.asablo.jp/blog/2007/08/06/1707397

_ ばるタン ― 2007年10月26日 23時46分12秒

>BIN★さん

環境に配慮した風船があるらしいのですよ。
でも、信じられない^^;;;;
色とりどりの風船が飛んで、きれいだな、と思えなくなりました。
主催者、全部回収しろ~と思います。
私は海に近いところに住んでいるから、余計に気になるのだと思います。

_ こなみ ― 2007年10月27日 15時30分49秒

映画、見に行ってきました。
お兄さん、お姉さんばかりでしたが、ぜひ、中学生、高校生に
観てもらいたいと思いました。

終わったあと拍手が起こり、口々に「いい映画だったね」と
おっしゃっておられました。

風船、ごめんなさい。
タイガース(野球)ファンが、試合のたびに飛ばしているし、私も
昨年、妹の結婚式で飛ばしてしまいました。。。。。

今日の日記で、さっそくリンクページ見ました。
自分の国で、あのような恐ろしいことするなら、日本に対しては。。。
そして、日本でも同じようなことが起こっているようで、
本当に何を信じていきていけばいいのか。。。

_ ばるタン ― 2007年10月27日 22時25分53秒

>こなみさん

おかえりなさい~
やっぱりお兄さんお姉さん主体でしたか。
アクションがないと若い人は見ないのかな???
「戦争放棄」「女性にも選挙権」ほんとうにありがたいことだとしみじみ思います。

風船の代わりになる、きれいなものって何があるだろう????
何か見つけたいですね。

結局、アメリカが「テロ国家だ」と決めれば、攻撃していい、という図式ができてしまいました。
でも、きくちゆみさんがお話されていたのですが、「アメリカでは、真実を伝えようとするジャーナリストがどんどん出てきます」とのこと。
そういうアメリカが好きです。

_ PFC ― 2008年08月16日 22時14分29秒

こんばんは(^.^)。沖縄での上映から1年近く経ってしまいましたが、私もやっとこの映画を観ました。ぱるたんさんの記事を私のブログにリンクさせてもらいましたがよろしかったでしょうか?

各地でもう何度も上映されているせいか、その日は広い会場に観客はほんの数人・・・。まるで私たちだけのための特別上映のようでした。

会場にあったポスターに風船の写真がばっちり使われていますね(^_^;)

ぱるたんさんは「アメリカが好き」ですか。私には好きとか嫌いとか言えるほど身近な存在ではないけれど、アメリカこそ「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」武力を永久に放棄してもらいたいものです。

_ ばるタン ― 2008年08月18日 13時04分56秒

◆PFCさん
リンクありがとうございます。
使えるものがありましたら、どんどんどうぞ~^^

沖縄では、一日だけの上映だったので人は多かったですが、主催者が懸命に宣伝した結果だと思います。
普通の映画館の普通の上映だったら、貸し切りみたいになったかもしれません。

私はアメリカ政府も日本政府も嫌いです。
(滅びてしまえ、と思っているというのが近いかも^^;)
だけど、アメリカに住む人たち、日本に暮らす人たちに関しては政府とは別物なんですよね。
アメリカの人に関しては、かつてこんな記事を書きました。
今も同じ気持ちです。
「アメリカはもったいない」
http://55dog.asablo.jp/blog/2006/03/23/299910

_ PFC ― 2008年08月18日 21時04分02秒

ぱるたんさん、リンクの件ありがとうございます!

正直なコメント↓を読んであははと笑ってしまいました(^.^)
「私はアメリカ政府も日本政府も嫌いです。
(滅びてしまえ、と思っているというのが近いかも^^;)」

私がキリスト教文明よ滅びてしまえと思っているのと近いかも(^_^;)

今のアメリカ政府が滅んでも、キリスト教(国教)を手放さない限りまた次に似たような政府が登場すると思うんです。

大日本帝国と国家神道の関係に似てるのかな・・・。

だけど、アメリカでも日本でも一般の人に関しては政府(や知識人)とは別物だと思っています。

トラックバック