別れられない2010年02月12日 22時31分46秒

本棚の整理を何年もしていなかった。
新しく増えた本は適当に突っ込まれ、乱雑をきわめているし、長年のホコリも気になる。
ここはひとつ、いらない本を処分してすっきりしましょう。

棚の奥には、大量の文庫本が横積みになっていた。
「うわー! 字が小さい! きっともう読み返せないよ・・・。あと10年くらいしたら処分するかも」
本に関しては、どうも思い切りが悪い。

でも、仕分けをしているうちに、気がついたことがある。

「絶対手放せない本は、ずっと私について来てくれた数冊ではないだろうか」

まず、これだ。
本といえるかどうか・・・。
中学1年からのおつきあい「世界の名曲303」

「世界の名曲303」
中学の教材です。
音楽の授業時間ではなく、ホームルームのときに歌ったので、3年間一緒に通学した。
お弁当の汁が染みて、長い間、甘辛い匂いがしていたが、さすがに今は匂わない。

旺文社文庫は、文庫のくせに箱カパーに入っていた。
駅前の本屋で父に買ってもらったときに、「高いなあ」と思った覚えがあるが、110円。
当時、どれだけ理解できたかは不明だが、夏目漱石「硝子戸の中」と「私の個人主義」はずっと私についてきた。
昭和42年からのおつきあいです。
長い付き合いの本の皆さん

牛島龍介「水平線の少年」は、ヨットの航海記だ。航海記なんだけど、牛島さんの航海は自分の心の奥へ奥へと進む。
世界一周を目指した航海だったが、ヨットが壊れたために南アフリカに入港する。私はこの本で初めてアパルトヘイトを知ったのだ。
昭和50年から一緒にいます。

赤瀬川源平「少年とオブジェ」は、文章が好きで好きで、声に出して読んで楽しんでいた。

ささき・まき「やっぱりおおかみ」は、子供向けとは思えない絵本だ。救いがあるようなないような結末だが、ずっと私の支えになってきたのだ。

こいつらだけ残して、あとの本は処分しようかな。
あっと、手塚さんの本は当然残さないとね。
25年前の沖縄道路地図? これは使えないけど面白いから取っておこう・・・。

結局あまり減らないなあ・・・。