石垣島の大津波2011年04月12日 23時11分30秒

大震災の少し前のことであります。
三線師匠と弟子(私)が、お稽古の合間に雑談をしておりました。

団地の三線サークルは、黎明期には10名以上参加していましたが、数年で師匠と私のマンツーマンお稽古になって現在に至っています。
師匠はとてもシャイで、お酒が入らないとお言葉がなく目も合わさないタイプ。
私は根本的に人見知り。
だから、お稽古の2時間の間で、二人が交わす言葉は「こんばんは」「こんばんは」「足痛いな」「痛いです」「じゃ、また来週な」「ありがとうございました」。
これだけだったのですよ。

ところが、シャイと人見知りの二人ですが、去年あたりから雑談ができるようになりました。
さすが15年の歳月は偉いわ~。
ま、それはいいとして。

師匠は石垣島出身なので、私はこんなことを聞いたのです。
「沖縄にも津波は来ますかね? 津波でうち上がった岩があるそうですが」

「ああ、明和の大津波の岩ね。あれはほんとうだはずよ。海からずいぶん離れたところにあるけど、貝がらやサンゴがついているさ」
師匠は続けた。
「この前、八重山(石垣島のこと)に帰ったとき見たら、そこに道を通すって岩を削ってすごく小さくしていたさ。道がそんなに大事かね。ちょっと避けたらいいだけさ」
「えええ~! ひどい! 世界遺産じゃなかったんですか!」

というような会話があったのでした。

明和の大津波は1771年。
石垣島の人口が半分になったほどの甚大な被害だったそうです。
今度の大震災では、沖縄にも津波警報が出ましたが、津波を見ようと海岸に行った人も多かったのです。ホント、そういうのやめてよね。


日曜日、がらモンは親戚の披露宴に行ってきました。
新郎が働いている映像会社は、映像の学校も持っていて寮もある。
その寮を、被災した人に提供しているのだそうです。
寮の提供のみならず、
「披露宴に招待されていたよ」とのこと。

実に沖縄っぽいエピソードです。

コメント

_ KIRICKL△ND ― 2011年04月13日 07時02分19秒

何度か足を運んだ宮古島などパンケーキのようなものですから、一切なくなるでしょうね。
毒蛇の居ない島は海面が(氷河期で)上下した際に水没したためだ、と聞いたことがあります。
(今いる毒のないヘビは箱舟にでも乗っていた?)

その地球史に比べても、このひとたちの15年は引けを取らない!

_ ばるタン→KIRICK兄やん ― 2011年04月13日 23時36分34秒

沖縄で「宮古」と言えば宮古島。
だったのですが、
最近は「北の宮古? 西の宮古?」と確認したりします。

あっ!そういえば、毎年年末になると「今年も終わりか。早いな」「早いです~」という会話もありました。案外しゃべっていたのね^^;

トラックバック