第一発見者はワタシ2011年04月01日 13時27分57秒

夕方の散歩は、団地を出て川沿いの道を行くのが常です。
でも、ぴぐモンは、いつもと違って「こっちに行く!」と団地内一周コースを選びました。
団地を歩いていると、軽貨物車から何かを取り出そうとしている作業着のお兄さんがいました。
出してきた物は、蛍光灯の傘です。ペンダントとかいうのかも。
それを1階の部屋に運び入れました。

「ぬぬっ。アヤシイ」
そこは空き部屋だった部屋です。
(毎日散歩するので、1階の空き部屋については把握している私)
この時期に入居するということは、被災の人に違いありません。

ぴぐモンとふたりで、窓の方からコッソリ様子をうかがう。
玄関側に回って、コッソリ中をのぞく。
アヤシイのはどっちだ、ってことですが。

そのあたりを無意味にウロウロしていると、先ほどのお兄さんが出てきたので聞いてみました。
「もしかして被災のかたが入居されたのですか?」
「はい、福島の原発の近くからだそうです」

先日の新聞に、こういう記事が出ていました。
「沖縄県は県営住宅や市営住宅などの空き部屋を提供しているが、鍵を渡すだけでそのあとのフォローが何もない場合がある」
うちの団地は、フォローがないほうの住宅だったので、「自治会の役員は把握しているのかな? 何か必要な物があるのでは?」と思いました。

すぐさま自治会の役員のお部屋に駆け込む。
「被災の人が入居してるけど知ってた?」
「えっ! 全然聞いてないよ! そのうち入ることになるはずだから共益費はもらってください、という連絡があっただけだよ!」
共益費のことがそんなに大事なのか・・・、と心が逆断層する(意味不明)。

「布団とかあるのかな?」
「お茶碗とか余っているけどな」
「訪ねていってみようよ」
そこへ団地からよそに引っ越す人が必要書類をもらいにきて、「げげっ! 粗大ゴミでいろいろ出しちゃったけど、使ってもらえる物あったかな」
「えーっ、なんであんた引っ越すの」
「それがさー、急に決まったのよ。地震の日に」
ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・・。

ぴぐモン「さっさと訪ねて行けばいいのに・・・」


それから小一時間は立ち話をしたあとで、やっと訪ねていきました。
布団は沖縄県から支給されたこと、友達を頼って沖縄に来たので、友達からお茶碗などをもらうことができたことなど。
「入居希望の人がたくさんいるので、沖縄県はパニックになっていてお気の毒でした」
被災の人に同情してもらって、どうするんだ沖縄県。


いつもは枕にされるのが僕だけど・・・
カニゴン「いつもは僕が枕にされてばかりだけど、誰かを枕にすると気持ちいいんだね、おねえちゃん」
ニャンギラス「むかっ」

最低が最高2011年03月06日 23時08分22秒

天気予報では、明日の最低気温は17度だそうです。
で、最高気温が17度。
一日のうち、いつが最低でいつが最高なのか。
雨も降るらしいので、ベランダの洗濯物を部屋の中に移動しました。

昨日の夜は寒かったので、ヒーターをつけました。
この冬は、よくヒーターを使ったなあ・・・だけど今晩が最後だろうな、と思ったのですが、どうなることか。

ヒーターに集まる犬猫

辺野古パン・高江パン2011年03月04日 14時16分26秒

棚の奥から、パンに入れるチョコチップの在庫が出てきました。
いつ買ったのかよくわかりません。
古くなる前に使ってしまわないと。
もう充分古いけど。
古い匂いがしているけど、焼いたら古い匂いもなくなるのでは?

で、冷蔵庫にあったヨモギも入れて、チョコヨモギパン。
おかずパンなのか、おやつパンなのか、意味のわからないパンができました。
古い匂いは焼いてもそのままでした。しぶとい。


辺野古に行くときは、「カエラ」というパン屋さんに寄るのが楽しみです。
おいしい~^^
お値段がおやさしい~^^

食パンを買って、辺野古のテントに持って行く。
座り込みの人に「どーぞ」と差し出すと、「え? じゃ、ひとくち」とほんのちょっとちぎって食べる。
そしたらおいしいものだから、「あ、あの、もうひとくちいいですか」と今度はがっぱりちぎってバクバク食べている。
さっきはワニチドリのひとくちで、今度はクロコダイルのひとくちですかい。
楽しいっす。
えっへん!という気分になります。
(自分で焼いたパンを持って行くこともあるんだけど、みんな同情で食べてくれてるわけで・・・)

ただ、「カエラ」にも難点があるのよ。
それは、「種類がいっぱいあって、どれを買おうか迷う」ことです。


さて、高江です。
高江のお勧めパンは、高江共同売店のカウンター横にあります。
その名は「すずぱん」。

こちらは何も迷わずにあるものを買えばよろしいです。
3種類くらいしかないから。
私が行ったときは2種類だけでした。

お値段は、ちょっと高いと思うかもしれませんが、パンを作る経験から判断すると、妥当な価格だと思います。安いかも。
だって、自家製酵母だし。

私は、味も形もプレーンな、まるパンを買って食べたのですが、やわらかいんだけど、粉がいっぱい入っていて噛みごたえがありました。実に素朴なおいしさで、「ああ、私は年取って汚れたなあ・・」と思わずにいられなかったです。

すずぱんを焼いているのは中学生。
ご自身のブログ「すずぱん天然生活」で「若き発酵伝道師」と称されています。
高江共同売店には週2回納品、あとはイベント会場で出店をするとき以外には、すずぱんを味わうことができません。


どうですか? 辺野古や高江に行きたくなってきたでしょ?
おいしいパンを食べながら座り込み!

白いパンと黒い猫
今日焼いたのは、白いパン。
いや、取り出してみたら白かったパン。
寒くて発酵が足りないからかな?

高江に行きました2011年03月02日 23時19分07秒

2月28日のことです。
3月から6月はノグチゲラなど希少種やら普通種やらが営巣するので、工事はしないことになっている。
だから、2月の最後に、大がかりな工事をやるかも・・・という危機感があったわけです。

3時過ぎに出発。
高江は遠いのです。
沖縄防衛局が朝の6時から工事をしたこともありますので、それよりも早く着きたいですからね。

高速道路のサービスエリアでトイレに入ったり、高速を降りてからコンビニでトイレに入ったり・・・。
高江の手作りトイレ、すごく深い穴が掘ってあったのに、いっぱいになってしまったんですって。
座り込みや、支援の人のみならず、工事の作業員たちもそのトイレを使ったのだそうです。

高江に着く頃、夜が明けて、ウグイスが鳴いていました。

28日の様子は、高江のブログ「やんばる東村 高江の現状」や、目取真俊さんのブログ「海鳴りの島から」に詳しく出ているので、そちらを見てください(丸投げ)。

私は、沖縄防衛局や作業の人と遭遇するのは初めてだったので、いろいろ目がぱちくりすることがありました。

防衛局の車が来ると、何人もが車道に出て、ふらふら歩いてしまうとかね。
高江に行こうとしたら、後ろから防衛局の車が来たので、時速5キロで走って先導したという猛者もいます。

防衛局の人は、支援者が何人いるか数えたりして、対策を考えるらしい。
そんな防衛局の人に、無言でピッタリとくっついて、話すことを聞いている支援者のヒトがいたりね。

作業に立ちはだかる人たちを、ビデオ撮影する防衛局の人。
そのビデオに顔をくっつけて、ずっと映っている笑顔の女性がいたりして、防衛局の人が「映り込まないでください」と困っていたり。

緊迫してるんだけど、なんだかオカシイ。

お昼休みには、作業員のニーニーたちが、支援者の車をのぞいて、「お菓子ちょうだい」とねだったり。

高江の看板
この看板みたいに、まじめなんだけど、どこか気が抜けている。
気が抜けているんだけど、あきらめないのよね~。

キヨシローの名曲だ
こんなTシャツの人がいた。
キヨシローの歌う、ラブミーテンダーの歌詞ですよ。
なんなの? RCサクセションのTシャツ?
前に回って見たら、上関原発反対のTシャツでした。


3月になったら、工事はしない、という取り決めだったはずなのに、沖縄防衛局は、「重機を使う工事はしない」とか言い始めたの。
そんなのダメでしょ!
人がそばにいるだけで、鳥さんたちは安心して営巣ができないっしょ!

ニャオスも反対
そうよ!
絶対に工事はさせたらだめ! ばしっ!

ニャオスさんもそう言っております。

樹木、法廷に立つ2011年02月25日 22時55分49秒

朝、お弁当を作りながら、高江のことを考えていました。
ヤンバルクイナやノグチゲラやセマルハコガメや切られてしまう木のことなんかをね。
もし、話すことができるならば、みんなは何を話すのだろう、と。
あっ、そういえば、「樹木、法廷に立つ」で、桜の木が話していたんだわ、と思い出し、野菜炒めの途中ではございますが、本棚に向かった。

これですよこれ。
筒井康隆「最後の伝令」の中にある短編ですよ。
本を開くと、手に野菜炒めの汁がついていて、本にシミがついてしまった。
どーして、ご飯を作る途中で本を触るのかな、私。
だけど、犬猫も触るし、もうどうしようもないわ。

「樹木、法廷に立つ」では、桜の木が慣れない日本語を話している。
その慣れない日本語がけなげで、おかしくて、だけど、読み終わったときには森からの風に吹かれたような余韻がある。心がしんとして、深い感動があるのです。

最後の伝令とニャンギラス
来週は、高江に行ってきます。(正しくは、連れて行ってもらう)