拾う? 拾わない?2009年03月27日 23時36分07秒

仲良しみたいなぴぐモンとニャオス

仲良しみたいなぴぐモンとニャオス。
非常に珍しい風景です。



いつのことだったか、、、、、まだ中国が民主化されていない頃だから、20年以上前になるかも。

友達が内地から遊びに来たので、一緒に久米島に出かけたのです。
久米島から小さな船に乗り、はての浜という砂浜に降り立った私たち。
真っ白な平たい砂浜が海の真ん中に出現していて、あとは何もナッシング。
船は、帰りの時間を約束して帰ってしまい、海と空と砂浜だけです。
実に不思議なところでした。

波打ち際に沿っていろいろなものが打ち上げられていました。
きれいな貝殻やサンゴを見つけて拾っているうちに、漂着ゴミに目がとまったのでした。

見慣れない形のガラス瓶に、見慣れない文字。
世界の海を漂流してきた瓶にロマンを感じました。

ポケットサイズのカードが束になって流れ着いていました。
水に濡れても破れないようにコーティングしてある丈夫なカードです。
片面にはコンピュータールームや大学や病院などの近代的な風景の写真、裏には中国語で説明が書かれているようです。

友達は中国語を判読してくれました。
「これは・・・台湾から大陸に向かって流している宣伝ピラだ。台湾はこんなに進んでいるっていう宣撫工作だ。いや~、これは面白い」

友達は、漂着していたプラスチックのザルを拾い、見つけたお宝を入れ始めました。
「ちょうどいいのがあったわ~」
砂にまみれたお宝を、ザルのまま海で洗います。
「便利だわ~」



時は移り、あの時のことを楽しく、また感慨深く思い出すんですけど、もしかしてフジツボがいっぱいくっついたような手榴弾が落ちていたら・・・「さすが沖縄だわ~」と拾い上げていたのではなかろうか。
持って帰るかどうかは別として、あっちこっち向けたりひっくり返したりしてしげしげ眺めていたのではないかしら。


観光に来た大学生が読谷村の海岸で手榴弾を拾い、飛行機の手荷物に預けたりしながら7日間持ち歩いた、というニュースに「あわわわ」と思いましたが、大学生の無知を責めることはとてもできないです。
おじいさんが、拾った手榴弾を缶に入れて交番に届けた、という報道があったばかり。
何年か前のことですが、校外マラソンのときに手榴弾をみつけた中学生が、けとばしたり立ち木に叩きつけたりしながら学校に持ち帰ってきたと聞きました。
沖縄県民であっても、不発弾や手榴弾に対する状況はほとんど変わりません。
そういえば、県庁に運び込んでいたということも過去にありました。

何事もなければ、苦笑して終わりますが、次の日の報道では、不発弾処理をしようとした米兵が、爆発で亡くなったとのこと。辺野古のキャンプシュワブでの事故でした。


沖縄に観光で来られる方たちは、不発弾を見つけても拾わないで、通報だけしてください。
そして、流れ弾には注意して、飛んできたらサッとよけてくださいね!